好きと生活。love and life

48歳ミムラが汚部屋を脱出し、ゆる~いシンプルライフを目指すブログ。断捨離、節約、掃除、枯らしたくない観葉植物、時々娘。

管理人・ミムラのプロフィール

 

管理人・ミムラのプロフィール

 

40歳を過ぎた人生の折り返し地点、これからの人生を考えました

 

当ブログの管理人・ミムラです。48歳バツイチ。子供二人+愛犬1匹が家族です。

ようやく子供たちが成人となり、肩の荷がひとつ降りたところです。

 

40歳を過ぎた時「私の人生も残り半分だなあ・・・」としみじみ思ったものです。(80歳まで生きる気満々だったことが、今となっては笑えます)

 

同時に、残りの人生の過ごし方も妄想し始めました。

 

この時は、お金を稼いで旅行三昧の生活をするとか、欲しいものは遠慮せず買いたいとか、贅沢したいとか、そんなのばっかりでした。

 

ところが、そこに東日本大震災がおきます。被災地に住んでいたため、ライフラインが復旧するまでは、不便な生活を余儀なくされました。

 

毎日同じ服を着て、食事は一日1~2食、お風呂も入れず、暖房も無し、蝋燭で灯をともす日々。家の中にあるものだけで、工夫しての生活でした。

 

この時の経験が、自分の生き方・あり方をより強く意識するきっかけでした。

 

同時に「少ない物だけでちゃんと生活できるんだ」と、今までの生活を見直す良いきっかけともなりました。

 

震災後は、体調が思わしくない毎日が続き、耳鳴り・眩暈とは、7年間お付き合い継続中です。

 

精神的にも不安定でしたが、ようやく本来の自分に戻りつつあるところ。精神的不安定の原因も特定され、晴れ晴れとした毎日を取り戻したところでした。

 

乳がんになり、自分の生きたいように生きる決断をしました

 

半年前から経過観察中でしたが、先日、乳がんの告知を受けました。

 

「あれ~?私はがんにはならないつもりだったんだけどなあ・・・」自分は絶対にがんにだけはならないって決めていたんですけどね。

 

なっちゃいました。乳がん。ここ2か月で一生分と思えるくらい、いろいろ考えました。

 

一番は子供たちのこと。いくつになっても可愛い自分の子供たちのこと。これからの子供たちの活躍を少しでも長く見届けたいと思いました。

 

次に親のこと。子供の時から心配ばかりかけていたし、離婚はするし、自分は親不孝ものだと思っていたのに、ここにきて乳がんって、そりゃないよってね・・・。

 

あれこれいろいろ考えたけど、なってしまったもんはしょうがない。くよくよ考えても、がんが消えるわけじゃない。

 

しっかり乳がんと向き合って生きていく、そして、自分に正直に、生きたいように生きるという決断をしました。

 

職場の同僚が言ってくれました。「ミムラのやりたいようにやっていいし、言いたいこと言っていいんだよ」と。「ガッチリ治してこい!」とも。

 

こんなに温かい言葉をもらい、ミムラは幸せ者だなあ。人の温かさを身に染みて感じています。

 

シンプルライフはミムラの終活みたいなもんです

 

ずっと憧れてきたシンプルライフ。

長年お付き合いした汚部屋とさよならして、スッキリさっぱりするんです。

住まいも持ち物も生き方も、徹底的に自分の好きなようにしていこうって思ってます。

 

「伝えたいことはきちんと言葉で伝える、やりたいことをやる、やりたくないことはやらない。」

 

いつもブレブレで人に振り回され、言いなりに生きてきましたが、それももうお終いにします。

 

こんなミムラですが、これからもブログを通じてお付き合いただけたら、とっても嬉しいです。

 

汚部屋脱出を図り、憧れのシンプルライフを手に入れるブログ「好きと生活。love and life」ぜひ、読者になってくださいね⇒

 

 

どうぞよろしくお願いします( *´艸`)